平成261017

関係各位

                       HRCC談話会実行委員長 櫻井 浩

                 平成26年度HRCC4回談話会のご案内

 平素より、HRCCの活動にご協力下さいまして、誠にありがとうございます。
下記のとおり、HRCC談話会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
 是非、討論にご参加頂き、ご一緒に新しい「種」をみつけられましたら
幸いと思っております。ご興味のある方はお気軽にご参加ください。多数の
ご参加をお待ちしております。

**********************************************************************************

日 時:平成261028日(火) 1600
場 所:群大桐生キャンパス イノベーションセンター  3階 研修室
対 象:教職員・大学院生・学部生・一般
主 催:群馬大学HRCC


講演1
(講演者) 呉 ジュ (工)電子情報工学領域   D3
(題目)Dynamic Performance Improvement of DC-DC Buck Converter by
Slope Adjustable Triangular Wave Generator

(概 要)  Introduce what is switching power supplies and the phenomenon of
transient response which are caused by input voltage and output current. In order to improve the dynamic performance of a DC-DC buck converter, describe
a
simple-yet-effective control method with a triangular wave generator (TWG) which
regulates the slope of triangular wave based on the input and output voltages of
the converter. Using the proposed TWG, both the load and line transient
responses are improved. Since the TWG provides a line feed-forward control for
the line transient response, it increases the open-loop bandwidth, and then better
 dynamic performance is obtained. Additional required circuit components are
only a voltage controlled linear resistor (VCR) and a voltage controlled current
source (VCCS). Compared with the conventional voltage control, the proposed
method significantly improves the line and load transient responses. Furthermore
this triangular wave slope regulation scheme is simple compared to digital
feed-forward control scheme that requires non-linear calculation. Simulation
results shows the effectiveness of the proposed method.



講演2
(講演者)吉野賢 (工)物質創製工学領域 D3  

(題 目)膜タンパク質の構造・機能解析への応用を目指した新規部分フッ素化リン脂質の開発

(概 要)

脂質二分子膜に存在する膜タンパク質は、基礎・応用の両面から、

現代の生命科学における最も重要な研究対象の1つである。

しかし機能を保持した膜タンパク質試料の調製が困難であることから、

得られている知見は非常に限られている。

 

本研究ではin vitroでの膜タンパク質再構成系を用いた研究基盤の確立を目指し、

膜タンパク質や他の脂質分子との相互作用および脂質膜の流動性を制御するために、

アシル鎖の一部にフッ素を導入した新規リン脂質を新たに開発し、

膜タンパク質の再構成を検討した。




講演3
(講演者)Shaiful Nizam Bin Mohyar  (工)電子情報工学領域 D3 


(題目)

Digital Calibration Algorithm for Half-Unary Current-Steering DAC for
Linearity Improvement

(概 要)

The random error among current sources is one of fundamental problems in
current-steering DACs. Its effect is deteriorating both static and dynamic DAC
performance. Reduction of the current source mismatch effects is becoming
important. Most of previous works have shown that the effect of these errors can
be reduced by proper mapping or/and calibration techniques. In this paper, we
propose a half-unary current steering DAC with a 3S-CS algorithm as calibration
technique to deal with this problem.  Our MATLAB simulation shows that our
proposed algorithm reduces both integral and differential non-linearity errors, and
as a result, better spurious free dynamic range (SFDR) is achieved. The
comparison has been done with a conventional unary, a unary and half-unary with
2-stage current sorting (2S-CS) in case that the static current source
mismatches are considered.



講演4
(講演者)上原 顕仁 (医)皮膚科学 D4

(題 目)強皮症の皮膚線維化におけるノルエピネフリンの役割

(概 要)

強皮症の皮膚線維化におけるノルエピネフリンの役割を解明することを目的とした

実験を行なった。

ノルエピネフリンが線維芽細胞上のβ受容体を介してIL-6産生や増殖能の増加を

引き起こし、これらの反応が強皮症由来線維芽細胞では亢進していることから、

ノルエピネフリンが強皮症の線維化に関与することが示唆された。

寒冷やストレス回避することが末梢血管障害の予防だけではなく、

皮膚硬化の予防にもつながる可能性が示唆された。




講演5
(講演者)津留崎 陽大 (理工)分子科学部門 HRCC研究員

(題 目)有機ケイ素クラスターの合成と性質の解明

(概 要)

特異な構造や電子的性質を持つケイ素化合物の合成とその 性質の解明は

基礎化学的な観点から重要である。

中でも数個から数十個のケイ素原子を持つケイ素クラスターの研究例は限られている。

今回、テトラクロロシクロオリゴシランの還元反応により、ヘキサシラベンズバレン

ビシクロ[4.1.0]ヘプタシラ-1(6)-エン 骨格を持つケイ素クラスターの合成に

初めて成功した。

これらの構造と性質は各種スペクトルとX 結晶構造解析によって明らかにした。