平成26918

関係者各位

                       HRCC談話会実行委員長 櫻井 浩

                 平成26年度HRCC2回談話会のご案内

 平素より、HRCCの活動にご協力下さいまして、

誠にありがとうございます。
下記のとおり、HRCC談話会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
 是非、討論にご参加頂き、ご一緒に新しい「種」をみつけられましたら
幸いと思っております。ご興味のある方はお気軽にご参加ください。多数の
ご参加をお待ちしております。

*****************************************************************


日 時:平成26924日(水) 1600
場 所:群大桐生キャンパス イノベーションセンター  3階 研修室
対 象:教職員・大学院生・学部生・一般
主 催:群馬大学HRCC


講演1
(講演者) 宮田 英史 (工)環境創生工学領域 D3
(題 目)
高電圧パルスを用いた新規in vivoタンパク質アレイの開発
(概 要)

  従来のタンパク質アレイ作製法は、各種遺伝子毎に大腸菌に遺伝子を1)導入、

2)培養、3)破砕・抽出、4)タンパク質の精製、5)基板にタンパク質を固定の操作が

必要である。

  この工程の煩雑さを解決するために、高電圧パルスを用いたin vivoタンパク質

アレイを開発した。

  具体的には、1)大腸菌への遺伝子を導入、2)培養、3)プロテインアレイ基板

(タンパク質固定化基板)への菌の転写、4)パルスによる破砕・抽出・基板への

固定からなり、タンパク質精製からタンパク質固定までの操作をまとめることができる。



講演2
(講演者)真家 卓也 (理工)環境創生理工学領域 D2

(題 目)固体高分子形燃料電池カソード用カーボンアロイ触媒の開発
(概 要)
 
固体高分子形燃料電池(PEFC)は水素と酸素の持つ化学エネルギーから電力を
取り出す装置であり、車載用および家庭用電源として実用化に向かっている。
しかし、カソードでの酸素還元反応(ORR)速度が小さいという問題点があり、
希少で高価な白金触媒を用いることでこの問題に対応している。
 当研究室では白金触媒に替わるカーボンアロイ触媒の研究を行っている。
本発表ではカーボンアロイ触媒の触媒活性を向上させる手法について報告する。


講演3
(講演者)高橋 修司 (工)先端生産システム工学領域 D3
(題 目)
モデルベースアプローチによる非対称T字管モデルの循環器系の
    モデリング,シミュレーション及びパラメータ推定

(概 要) 
 
循環器系のモデルに基づいて作製したシミュレータを用いて,
脈波を入力として心左室エラスタンスを推定する,逆問題を利用した
モデルベースアプローチを検討する.

  循環器系の特性を電気回路素子に置き換えたモデルに基づき,

MATLAB/Simulinkを用い非対称T字管モデルの循環器系シミュレータを

作製した.

 循環器系のパラメータ推定について検討し,逆問題を利用した推定

システムの作製を行い,心室パラメータ推定のための新しい手法を

提案した.



講演4
(講演者)PARAJULI RAJ KUMAR (工)電子情報工学領域 D3
(題 目)
Impact of odd-even phase modulated harmonic
         components in nonlinearity of shear elasticity

(概 要)
 
Tissue mechanical characterization using shear wave velocity has been
viewed with a great interest and hope for introducing sophisticated medical
diagnosis in the present decade. W
e have introduced innovatory method that
uses continuous shear wave excitation (CSWE) for estimating the velocity of
shear wave propagation inside the tissue using low frequency of external
vibration excitation. We established a visualization algorithm by using the
harmonic phase modulation component of shear wave local velocity. The
texture pattern obtained in the local velocity map, which is derived from the
complex displacement component, indicates the existence of nonlinearity of
shear elasticity. However the simulation result shows that the symmetrical
nonlinearity obtained due to odd harmonic component shows similar
characteristics of the change in stiffness of the medium under either the
application of push or pull force. Whereas the asymmetrical nonlinearity
obtained due to even harmonic component shows that the characteristics of
change in stiffness of the medium under push force changes from that under
application of pull force or vice versa. Information from these two completely
different characteristics of nonlinearity of shear elasticity is expected to
establish a useful tool for mechanical characterization of complex tissue
structure
. Therefore we attempt to evaluate the impact of odd-even phase
modulated harmonic components more precisely in the nonlinearity of shear
elasticity